FC2ブログ

Diary & ss

日々の雑記とSS。こちらのSSは、サイトの方のテキストとは、設定が違ったり、あり得ないっしょ的なものだったり、いろいろです。気まぐれに更新(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

壬生義士伝

今日、ずっと前に録画してあった「壬生義士伝」をなんとなく見たんですが、これがすごいよかったんです。
新撰組の映画なんですが、近藤さんも土方さんも総司も端役。
主役は二人で、一人は斉藤一、こっちは有名ですね。これを佐藤浩一が演じていて、もう一人が、東北出身の脱藩した元藩士の吉村。
それを中井貴一が演じてたんですが、なんというか、普通の新撰組のドラマ、映画とはだいぶ違っていて、池田屋とかあの辺の華々しい新撰組っていうのは出てこないんですね。
もっと人間くさい新撰組。
この吉村という元藩士は、別に壮大な日本のため、とか幕府のためとかそういう理由ではなく、生活苦でお金のために脱藩して新撰組に入隊し、家族のために必死でお金を稼ぐお父さんなんです。
東北ですから、飢饉がひどくて、武士とはいっても下級武士でひどい貧乏暮らしなんですね。で、子供を間引かなくちゃならないくらいまで追い詰められる。
それで、脱藩して上京するんです。
なんか、その泥臭さというか、リアルな感じがすごくよくて。

わたし、中井貴一って、たぶんほどんど演技してるの見たことないんですよね。
なにかの時代もので見たことがあるかも?くらい。
それより、中井貴一といったら、DCカードのCM!w
カッパとタヌキと踊ってる姿がまず浮かびますw

でもこの壬生義士伝見て、うわー…中井貴一ってすごいうまい俳優だったんだ……と思いましたw
斉藤一がある理由から、新撰組の隊士を殺してしまうんですが、その口止め料として吉村がお金を要求するシーンがあるんですね。
ためらってためらって、やっと「黙っているから金を」と(すごい東北なまりで)言うんですけど、言った後にちらっと、笑うんですね。
その顔が、ものすごーーーく情けない表情なんです。
これがねーほんとすごかった。
一瞬でずしっと胸にキタというか、そんな感じ。

言葉が足りなくてうまくいえないんですけどね(;-_-)
そんなわけで、新撰組ものかーなんて感じで気楽に見始めたんですが、途中ぼろぼろ泣きながら、最後までじっくり見てしまいました。
ただ一つ、総司をやってたのが堺雅人さんだったことが…w
山南さん!なに総司の真似してんのっ?!としか思えなかったよ(;´Д`)
って、別に堺雅人さんが下手だとかそういうんじゃなくてw
おととしの大河ドラマの山南さん役がはまりすぎだった!ってことです、ハイw

やっぱり新撰組って好きですねー。
本とかドラマ、大河ドラマ、いろいろ見てますけど、なんでこんなに惹かれるのかなーと思うくらいツボにはまります。
壬生義士伝の原作は浅田次郎さん、らしいですね。
浅田次郎さんの本は、たぶん読んだことないですね。読んでみようかな。
  1. / コメント:0
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。